貯金箱

自身が持つ物件の管理が大変|賃貸管理会社に依頼しよう

保証会社が行う立替払い

ウーマン

賃貸仲介会社に確認しよう

家賃債務保証とは、保証会社が賃借人が賃貸人と賃貸借契約を交わす際に求められる連帯保証人となり、賃借人がその代償として手数料を保証会社に支払うものです。賃借人が家賃の滞納をした場合には、賃借人に変わり、保証会社が賃貸人に家賃を支払い、保証会社は賃借人にその家賃支払い分を請求します。1人暮らしをする年配者や海外からの留学者など、連帯保証人を付けることが困難な人が増えており、家賃債務保証は急速に伸びています。もともとは、連帯保証人の代わりに保証会社に家賃債務保証をしてもらうケースが多かったですが、最近では連帯保証人を付けても保証会社による家賃債務保証を付けさせるケースが増えています。この背景には、家賃を滞納しても賃借人や連帯保証人と連絡が取れなかったり、保証会社だけではリスク回避できないトラブルが増加していることがあります。保証料は月額家賃の30%から40%程度、もしくは1万円から2万円程度といった体系が多いです。オーナーからしてみれば、家賃債務保証を付けてもらうことで、安定した賃貸経営が可能となります。但し、家賃債務保証のサービス内容は、保証会社によって異なります。内容次第で、オーナーが回避できるリスクの範囲も変わってくるので、家賃債務保証の内容を知りたければ、賃貸仲介会社に確認しましょう。また、賃貸仲介会社が入居希望者に家賃債務保証を付けていないようであれば、入居者募集を委託する賃貸仲介会社を変更することも検討しておくとよいです。