貯金箱

自身が持つ物件の管理が大変|賃貸管理会社に依頼しよう

色々な不安を解消できます

集合住宅

マンション経営には様々なメリットがあります。例えば、長期的な安定収入を確保することができるという点が挙げられます。大家として上手にマンション経営を行っていくことができれば、毎月数十万円程度の家賃収入を得ることも夢ではありません。安定的な収入が半永久的に続くとなれば、生活にもゆとりが持てるようになり、将来の不安もある程度解消されます。そのため、私的年金代わりにマンション経営を行っている人も多いです。2つ目のメリットとして、生命保険の代わりになるという点が挙げられます。マンション経営を行うにあたって、ローンを組んで中古ワンルームマンションや1棟マンションを購入するケースも考えられます。この時に団体信用生命保険を付与しておけば、大家に万が一のことがあったときに、ローン残高が完済されます。そして、遺族にはローンのない収益物件が手元に残ることになります。収益物件を受け取った人は、そのまま保有して家賃収入を得続けることもできますし、売却してまとまった現金を手にすることもできます。3つ目のメリットは少額で始めることができるという点です。物件価格自体は1000万円を超えることも珍しくはありませんが、マンション経営をする場合、金融機関がローンを積極的に組んでくれます。そのため、大家自身が用意するべきお金は物件価格の1割から2割程度で十分ということになります。しかも、家賃の範囲内でローン返済を行っていけば、毎月の負担もありません。